View Sidebar
 
モスクワ紀行

モスクワ紀行

1999年3月30日寛太郎日記

相方が仕事で行っているモスクワに自分も10日間旅行する。
忙しい相方に代わり、旧モスクワ放送(ロシア国営ラジオ局、現ロシアの声)の日本人アナウンサーの面々が連日親切に案内してくださって、もうモスクワを満喫!芝居三昧!
実はこれが初めての海外旅行ですねん。初めてがモスクワというのもひねりが効いてますやん。
街も結構気に入りました。
「ロシアの声」(モスクワのラジオ番組)にも出演しました。

1999moscow1

ここがいわずと知れた「赤の広場」セスナが着陸できたというだだっぴろい石畳の広場は印象的。
後ろのお菓子の城のようなものは「聖ワシーリー寺院」


1999moscow2

モスクワから約200km離れた「スズダリ」という寺院の町。
一面の青空と雪野原に同行の面々とおおはしゃぎ!
数々の民話が生まれるロシアの豊かな風土を実感したのでした・・・

1999moscow3

モスクワの街角で。
後ろはゼロックス社の看板と広告。
この全く読めないキリル文字に囲まれている感覚が、異国にいるという実感があって何故か嬉しい!

1999moscow4

アルバート通り(土産物屋で賑わう通り)での買い物で出会った女性。
この笑顔と明るい感じの良さでついつい沢山買ってしまう。彼女の持っているのは中にスズの入ったマトリューシュカ(日本のこけしのような物)。


Top