View Sidebar
 
『かわら版・忠臣蔵』舞台稽古

『かわら版・忠臣蔵』舞台稽古

2000年3月31日寛太郎日記

今日は舞台稽古。
出演者の中には「初めての時代劇」という人もいて、なかなか大変そうです。
着慣れない着物を着、持ち慣れない刀を握り、必死で立ち回り(忠臣蔵討ち入りのシーン)をしているのですが、気合いを入れ過ぎて早速カツラを飛ばす人が続出。
中には着物の裾がまくれて自前の派手なトランクスが丸出しになって殺陣(たて)の先生に「彼女に嫌われてもいいから、今月は見えても大丈夫なように白のパンツをはいてくれ〜!」とのダメ出しを受けた人も。(このダメ出しにも笑えるが…)
とにかく明日は初日。私も気を引き締め頑張ろう!


Top