View Sidebar
赤穂浪士討ち入り

赤穂浪士討ち入り

2000年4月5日寛太郎日記

000405

赤穂浪士の討ち入りのシーン。
吉良邸の人達はそれはもうパニック状態。
皆、吉良様を放ったらかして逃げまどうのです。
ざこばさんに赤いフンドシをつかみ取られて「返して〜!」と泣叫ぶ侍(藤田功次郎さん)とか「自分の身は自分で守りましょう」とあっさり見捨てる家来(桂雀々さん)とか。理屈抜きで笑えるのはピンクの襦袢(じゅばん)姿で「ギャーッ!」と叫びながら凄まじい形相で舞台の上手から花道へ走る腰元の女の子(谷中優子さん)。
これは必見です!
私?吉良家の家老ともあろう左右田孫兵衛…そりゃーねえ。
写真は、特にお願いして谷中さんに楽屋で再現して頂きました。ご協力大感謝!


Top