View Sidebar
上方喜劇の会Vol.1舞台写真「トホホな甚五郎」

上方喜劇の会Vol.1舞台写真「トホホな甚五郎」

2006年7月4日寛太郎日記

tohoho-kometto

左甚五郎の子孫、十三世甚五郎は、青春の思い出のコメットさんそっくりな人形を技の全てを注いで作り、精一杯の愛情を注いでいた。

tohoho-shitei

人形に焼きもちを焼いた妻は実家へ!義父から離婚を迫られて、泣く泣く人形を焼いた直後、なんと本物の大場久美子さんが人形の評判を聞き現れて!驚く甚五郎と弟子の長井コンビ

tohoho-dance

正直に人形の事情を話し、今も変わらぬファンであるという純粋な甚五郎に、芸能界での迷いや疲れを癒された大場久美子さん…お酒も入り意気投合!盛り上がってついにダンスまで踊りだし、夢見心地の甚五郎

tohoho-kiduti

そこへ妻と義父が現れた!逆上した義父は甚五郎を罵倒し燃やしたはずの人形がまだあると木づちを振り回す。

tohoho-last

あまりの仕打ちに怒った大場久美子さん!なんと自らが人形の真似をして登場!人形と思い込んでいた妻と義父は「喋る、動く」人形に仰天!そして最後に甚五郎は「心を込めた人形には心だって通うんじゃい!」と職人の心意気を示したのでした。


Top